【静音性】音が静かなハイガースピンバイクはどれだ?

まず前提として、

スピンバイクは基本的に静か!

これはハイガー産業の製品に限ったことではありません。ペダリング音が隣人の迷惑になるようなことは、まず無いと言っていいでしょう。

ただ、静かな中でも「より静かな」スピンバイクを紹介したいと思います。

基礎知識として

フライホイールが物理的に接触しない方が、当然ながら静音性は高いです。

また、フライホイールを覆うカバーが搭載されている製品も、音を閉じ込める効果があるので、静音性に優れています。

ですから、

「①非接触式」かつ「②カバー有り」のスピンバイクが最強の静音性を誇るわけです。

静音性ランキング1位:HG-Y700

上記2条件に該当するハイガー製のスピンバイクはたった1つ。それがHG-Y700です。

この商品、スピンバイクの中では異色の存在でして・・・

というのも、負荷方式が「フライホイール+磁力負荷」という、二段構え負荷方式が採用されているんです。

フライホイールには摩擦ブレーキが負荷されずホイール自重のみの負荷、さらに磁力によりペダルに負荷を与えます。

非接触かつ、全体がカバーに覆われているので抜群の静音性を誇ります。

→HG-Y700の詳細記事を見る

静音性ランキング2位:HG-YX-5006S

静音性第2位はHG-YX-5006Sです。

ただ・・・、正直に言います。2位は甲乙つけ難かったです・・・。

というのも、以下1.2.のスペックを有するスピンバイクは、どちらも静音性に優れているから。

  1. 非接触式
  2. フライホイールカバー有り

これら2つの条件、いずれか一方を持ち合わせている製品の場合、果たしてどちらがより静音性に寄与する要素なのか・・・?

私は、「2.フライホイールカバー有り」だと結論付けています。

理由は、

  • 実際にHG-YX-5006Sを使用してみて、驚くほど静かだと感じたから
  • 第三者の口コミにおいても、「カバー有り」の静音性は高評価を得ているから

以上の理由から、第2位は、フライホイールカバー搭載のHG-YX-5006Sにしました。アマゾンズチョイスにも選出されている、非常に売れ行き好調なスピンバイクです。

→HG-YX-5006Sの詳細記事を見る

静音性ランキング3位同点:HG-EX-5000・HG-ZA-5000F・HG-Y800

静音性第3位は同点で3機種がランクイン。

いずれも非接触式の「渦電流式」を採用しているスピンバイクです。ハイガー産業のスピンバイクの中でも上位スペックに位置する3機種。

これら3機種は、静音性はもちろん、高負荷域でのペダリングの滑らかさには定評がある機種です。

どれを選ぶかですが、最もハードトレーニングに適しているのは、HG-Y800です。

ライディングポジション、負荷の最大強度が大きいなど、ストイックに鍛えたい人向けです。

→HG-Y800の詳細記事を見る

HG-EX-5000HG-ZA-5000Fどちらを選ぶかは、正直好みの問題でしょう・・。

安全性を重視するのであれば、フライホイールを後方に、壁を背にして漕ぐことが可能なHG-EX-5000が良いです。

→HG-EX-5000の詳細記事を見る

価格やコスパを重視するのであれば、ややリーズナブルなHG-ZA-5000Fが良いでしょう。

→HG-ZA-5000Fの詳細記事を見る

安全性 ハードな運動
ハードトレーニング向きのハイガースピンバイク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする